2021年2月受託開始

地熱流体から超低炭素のナノ粒子コロイダルシリカを持続的に回収する世界初の大規模プラントです。

保有資産

資産残高も増えています。 現在、私たちは4つの主要な資産を保有しています。

  • ニュージーランド・オハアキ北工場

    2021年2月、Geo40は、同社初の商業開発として、年間5,000トン以上の超低炭素コロイダルシリカの生産能力を持つオハアキ北工場を稼働させた。

    私たちは、十数種類の市場に向けてカスタマイズされた製品を作っています。

  • Ohaaki-Ngawha-Plant

    ニュージーランド オハアキ・ンガウハ工場

    この工場は2018年に稼働し、年間500トンのコロイダルシリカを生産することが可能です。

    現在、収益性を高めるために自動化されていますが、この資産を利用して、新しい革新的なシリカ製品を作っています。

  • Geo40 Lithium Test Rig

    リチウムテストリグ(ニュージーランド

    ニュージーランドで地熱流体からリチウムを連続的に回収することに成功したプラントです。

    今後も技術開発に合わせて改良を続け、2022年にはパイロットプラントが登場する予定です。

  • Geo40 Containerised Silica Pilot Plant, Japan

    シリカパイロットプラント、インターナショナル

    私たちは、ニュージーランドと日本で稼働しているコンテナサイズのシリカ回収プラントを2基所有しており、小規模なテストやパイロットテストのためにパートナーに提供することができます。

2つのカテゴリー。2つの仕事

当社の資産は、運用資産と開発資産の2つのカテゴリーに分類されます。

操業中の資産は、当社の鉱物回収技術を大規模に実証し、利益を上げています。 もちろん、利益はイノベーションを可能にするエンジンである。 当社の大網シリカプラント2基がこれに該当します。

当社の開発資産は小規模なもので、研究所から運用資産への移行に重要な役割を担っています。 私たちの2つのコンテナ型シリカパイロットプラントは、シリカの運用資産への道を切り開きました。同様に、私たちのリチウムテストリグも同じ道を歩んでくれると信じています。

お問い合わせはこちら

Scroll to Top