Geo40社、世界初のリチウム回収技術を開発

2021年9月、Geo40はTVNZのQ&A番組で紹介されました。

記事 by:Jack Tame, Q+A プレゼンター

政府は、先駆的なキウイ企業に投資することを検討しています。

政府は、世界で最も価値のある元素の一つを回収する世界最先端の技術を開発したキウイ企業への投資を検討しています。

Geo40の研究者は、北島中央部の地熱廃液からリチウムを回収しています。

オハキ地熱発電所の近くで「ジオシーブ」技術を開発・試験した後、Geo40は世界中の同様の流体でこの技術を試験する準備を進めています。

Geo40のCEOであるJohn Worthは、「リチウムがグリーン輸送革命において非常に重要な役割を果たすことは、誰もが知っていることだと思います」と語る。

「私たちが目指しているのは、電気自動車のバッテリー市場です。そして、低炭素で環境にも優しい、本当に持続可能なリチウムの供給源を見つけるのは簡単なことではないのです。

この技術は、オハキ遺跡にあるGeo40社の回収プラントで開発されたもので、地熱かん水に含まれるコロイダルシリカを抽出し、さまざまな用途に使用することができます。

まずシリカを除去することで、より価値のある資源を回収することができるのです。

オハキ遺跡の規模を拡大すれば、テスラ車のバッテリー12台分のリチウムを毎日回収できると、Geo40社の科学者は見積もっている。

しかし、本当のチャンスは、海外の他の場所と、ニュージーランドの30倍のリチウム濃度を持つブラインにある。

「これからの半年から9カ月は、まさにヘッドダウンです。 クリスマスまでには、パイロットプラントを建設する予定です。パイロットプラントで行うのは、世界中から集まる大量の流体を処理することです」とワースは言う。

Ngati Tahuは、Geo40のohaaki開発もサポートしています。

私たちの目標は、トゥプナが信じていたこと、ナニーやコロアが信じていたこと、つまり、マラエを中心につながり、生活することを決して手放さないことです」。

「私たちの川の周りに住み、私たち自身のWhenuaに住むこと」とNgati Tahu Tribal Lands Trustの広報担当者、Mana Newtonは言います。

"今回の開発は、そのための足がかりになるものと考えています。"

このプロジェクトは、政府が刷新した「州成長基金(Kānoa)」の支援を受けています。

2019年、ファンドはGeo40社にシリカ回収プラント建設のための1500万ドルの融資を行い、その後、融資の一部を同社の株式と交換した。

"地方での商機を見据える。 また、商業的な観点だけでなく、生産性、持続可能性、マオリ族の経済発展、雇用など、より広い社会的な成果も視野に入れています。

「あのような投資は、それらをさらに進めるチャンスだったのです」と、カノアの投資責任者であるデイヴィッド・ファン・デル・ズーヴェは言う。

内閣閣僚は、リチウムの拡張投資に関するカノア社の新たな提案を検討しています。 今後、数週間のうちに決定される見込みです。

1News
上部へスクロール